sharpnel_content
ププクインドネシアにデジタルファーティライザーの使用

News 2021年02月04日


ププクインドネシアにデジタルファーティライザーの使用

Share

技術はどの程度業界に適用できできるでしょうか。技術は企業が生産性とプラントの運用効率を向上させるに役立ちます。 Pupuk Indonesia (ププクインドネシア) は Digital Fertilizer (デジタルファーティライザー)を使用して、技術を最大限に活用する企業です。では、デジタルファーティライザーとは何でしょうか。

デジタルファーティライザーは東洋エンジニアリングが開発した肥料プラントの運転・保全を最適化し工場のパフォーマンスを監視するIoTシステムです。このシステムには監視プロセスや資産の保守など、工場の運用を監視する機能があります。さらに、このアプリにはほかにものメリットがあり、信頼シャットダウン率の低下、メンテナンスの効率の向上、原材料コストの削減ができます。

このシステムは工場設備の状態に関する情報を提供することもできます。損傷や問題があるなら、早期に修理依頼ができます。

 

ププクインドネシアのデジタル化

このデジタル化は、4つの工場で実施しました。なぜププクインドネシアはこの4つの工場を選んだのでしょうか。この工場には優れたデジタルインフラがあるのです。ププクインドネシアはデジタルファーティライザーアプリだけではなく、企業のパフォーマンスを向上させる技術も採用しています。

この会社で使用されている技術には、アーカイブ管理技術、ジオタグを使用したオンラインプレゼンス、 Panco (パンコ) アプリなどです。パンコアプリはコロナ禍に 従業員の健康状態を監視するために使用します。ですので、このアプリはコロナ禍にププクインドネシアの工場の生産性を向上するできます。

 

IoTの開発の方法

IoTは農業だけではなく、金融、教育、健康、製造などにも利用できます。近年ではIoTを活用したデジタルトランスフォーメーションも注目を集めています。貴社もIoTの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

PT AQ Business Consulting Indonesia(アジアクエストインドネシア子会)では、日本でのスマートシティ開発プロジェクト含め、地域開発、農業、教育など多くのIoTプロジェクトに参加しております。コンサルティング提案から実際の開発、パートナー探しまで幅広くお手伝いいたしますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。(本社所在地:インドネシアジャカルタ 代表取締役:Edy Susanto、以下AQI)におい合わせを連絡してください。AQIは長いデジタル化の実装をする経験があるので、早くににインドネシアビジネスの進捗をサポートいたします。

 

参考: ekonomi.bisnis.com

Photo by ThisisEngineering RAEng on Unsplash

Browse blog by tag

Back To Top