sharpnel_content
モデナインドネシアはIoTを利用して調理ツールをデジタル化

News 2020年12月21日


モデナインドネシアはIoTを利用して調理ツールをデジタル化

Share

消費者のダイナミックなニーズに応えるため、Modena Indonesia (モデナインドネシア)は調理ツールをデジタル化しました。モデナインドネシアの事業開発代表の Novi Hariyanti (ノヴィハリヤンティ) によると、昔にはモデナがアナログに重点を置いていました。しかし、今はモデナがIoTと高度なテクノロジーなどのデジタルに切り替えています。

調理ツールでのIoTの採用は画期的なものです。その理由は、これまでIoTが家庭用電子機器でより多く使用されました。この高度な技術は、ユーザーの生活の質を向上させるために、さまざまなモデナ料理や家庭用品に組み込まれています。

 

IoTの活用事例

 

View this post on Instagram

 

A post shared by MODENA Indonesia (@modenaindonesia)

高度な技術を採用した2つのモデナ調理器具製品はすなわちモデナコンビナートBK1721ダブルストーブ電気ストーブとモデナDX9907クッカーフードです。では、このデジタル製品は独自性とメリット何でしょうか?

モデナ コンビナト BK 1721の場合は、植物セラミックおよび誘導炉の形をした珍しいダブルバーナーがあります。 一方、モデナ DX 9907クッカーフードはこの製品の主力である、超洗練された掃除機です。

モデナ DX 9907クッカーフードは台所のテーブルに直接取り付けられています。 通常にこの煙吸引装置はストーブに取り付けられています。

これはIoTと高度なテクノロジーでデジタル化されたモデナインドネシアの製品の例をいくつか示します。 現在、デジタル化はキッチンツールに到達しており、将来的には他の分野にも拡大する可能性があります。

 

インドネシアビジネスにIoTの影響

なぜIoTを取り入れることは重要なのでしょうか。IoTがあれば、インドネシアビジネスのサービスは迅速で、効率的になります。さらに、ビジネスは低価格になることができます。

技術の急速な発展に伴い、デジタル化は他のさまざまな分野にも拡大する機会があります。モデナインドネシアはキッチンツールにIoTを採用すると、インドネシアビジネスは健康や製造や教育など、より広い分野でIoTを採用できます。

 

参考: Republika.com

Photo by Creatv Eight on Unsplash

 

Browse blog by tag

Back To Top