sharpnel_content
2021年にインドネシア教育文化省の教育現場のデジタル化の計画

News 2020年11月13日


2021年にインドネシア教育文化省の教育現場のデジタル化の計画

Share

世界各国で新型コロナウイルスが蔓延する中、インドネシア教育文化省は教育現場を合理化するための方法を模索していました。検討の末、ナディム・マカリム大臣が打ち出したのは2021年にインドネシア教育文化省の焦点の計画は教育現場のデジタル化です。

インドネシア教育文化省は、この計画を実現するために、1.175兆IDRの資産を用意しました。今後も続くパンデミックを予測し、教育現場のデジタル化を行きます。もちろん、早くパンデミックが収束することが望しいですが、最悪なケースに備えた対策も必要です。

 

まずはデジタルインフラの整備を!

デジタル化は教育現場のデジタルインフラを整備することから始まります。学校でパソコンを提供し、オンラインクラスの活動に使用します。

後でこのパソコンは教師と生徒が使用できるなります。特に教師の場合、このパソコンを使用して、オンライン授業やトレーニングなどの教材を準備したり、活動の場を提供できます。

インドネシア教育文化省はコロナ過に生徒と学生と教師のために、無料ゲームで学習計画を発行しました。この無料の学習計画はコロナ過でも行わなければならいないオンライン学習プロセスを容易にすることを目的としています。この方針は、生徒と教師がより簡単に活動できるようにするためにも適切だと考えられています。

参考:

Kompas.com

School photo created by jcomp – www.freepik.com

Browse blog by tag

Back To Top