AsiaQuest Indonesia DX News

DX News

ビジネスにデジタルトランスフォーメーションを取り入れることは、トレンドではなくこれからの時代を生き抜くための必須事項です。
デジタルトランスフォーメーションとそれに関連するビジネスニュースや用語について知識を深め、考えてみましょう。
あなたのビジネスでデジタルトランスフォーメーションをするには、どのような技術・知識・思考が必要でしょうか。

Digital Transformation News

images-logo
デジタルトランスフォーメーションとは?

デジタルトランスフォーメーション(Digital transformation:DX)とは、我々の暮らしやビジネスのスタイルをデジタル技術によってより良いものへと変えることです。スマートフォンやインターネットが普及し、オンライン化の進む今日では、24時間365日人々の生活がデジタルと切り離せなくなっています。各企業のビジネスモデルにおいてDXを起こすことは、マーケティング効果向上や業務の効率化/経費の削減だけでなく、人々の価値変革を起こすことになると考えられています。     デジタルトランスフォーメーションの定義   デジタルトランスフォーメーション(DX)とは2004年にスウェーデンのUmeå University(ウメオ大学)のエリック・ストルターマン教授によって提唱された概念です。 一言で表すと生活やビジネスのスタイルをデジタル技術によって価値変革を起こすことです。既存のビジネスの枠組みを覆し、より良いものへ変革を起こすことで、人々の生活をさらに豊かにします。 Digital TransformationはDXと省略して表記されます。英語表記で"trans-" を 交差を意味する"x-"と表記することがあり、Digital Xformationが省略されDXと表記されるようになりました。 デジタル技術によって既存の価値提供プロセスが書き換わるのがDXですが、どのようなデジタル技術がDXに必要かは一概には言えません。それぞれのビジネスモデルに合った形で、新たな価値変革が起こるようなサービスを生み出すのに必要なものは価値提供の仕組みの変化です。 言い換えれば、価値提供の仕組みが変わってこそのDXとも言えるでしょう。その仕組みを変えるために必要な技術は実現したいサービスによって変わってきます。       なぜデジタルトランスフォーメーションが注目されているのか?   IT技術を含め、技術革新の著しい現代では時間経過とともに、従来のビジネスプロセスでは環境変化への柔軟な対応力、人件費高騰に伴ったコストの拡大、業務属人化など様々な分野で企業規模に関わらず急激な格差が生まれています。 このような時代では「生産効率UP、処理/提供速度向上、必要経費削減」などの従来の業務改善のみでは企業は生き残っていけません。各企業でDXを起こし、人々の価値変革を起こすことで、競争社会で行き詰ったビジネスが未来に繋がります。

images-logo
インドネシアのEdTech、政府から推奨認定サービスの発表も

新型コロナウイルスの影響で世界中で移動の制限が発生し、近年盛り上がってきているEdTechが更に活躍する状況になっている。EdTech(エドテック)とは、Education(教育)とTechnology(技術)を掛け合わせた言葉で、テクノロジーで教育にイノベーションを起こしている領域だ。 日本でも、従来の予備校や塾のようなサービスがオンラインでも受けられるようになっている。また、UdemyやスタディサプリEnglish、Schooなどでは、言語からテクノロジー、マーケティングなど様々な内容の勉強が可能だ。DX Navigatorでは米中でのEdTechの盛り上がりを紹介している。 (引用)調査会社Equal Oceanによれば、アメリカにおけるEdTechは、高等教育や社会人・労働者教育で隆盛を見せているが、中国ではK-12と呼ばれる、幼稚園-高校までの児童に向けた市場が牽引しているという。アメリカにおける2019年のEdTech投資の39%がGuild Education、BetterUp、 Coursera、 Andela、Degreed、 MindTickle、 EdCastそしてA Cloud Guruの主要8社に集中しているという。これらはいずれも社会人向けで、業務効率やエキスパート育成を見据えたものである*2。 インドネシアでは人口ボーナスが続いており、2045年もしくは2050年まで続くといわれている。もちろんEdTechの対象は子どもたちだけではないが、人口が増えていることは大きなポテンシャルをもっているといえるだろう。世界銀行は大きなポテンシャルとともにボトルネックも挙げている。   サービス提供側のボトルネック 資金調達 新しい顧客を獲得するためのコスト サービス開発・維持のための人材不足   ユーザー側のボトルネック 課金サービスに対する学校・保護者の支払い意欲の低さ 教育サービス提供側のデジタルリテラシーの欠如 インフラ不足(地方での環境、ネットワーク速度)   そんな中、新型コロナウイルス対策のひとつとして、インドネシア政府が発表したのがオンライン教育サービスの推奨だ。4月、ジョコウィドド大統領により下記の企業が政府の奨励認定サービスとして発表された。   Ruang Guru, Zenius Google…

images-logo
日本で広がる置き配、インドネシアで広がる宅配ボックス

新型コロナウイルスの影響で家で過ごす時間が増えているなか、日本では置き配の浸透が進んでおり、大手ECである、Amazonや楽天、ユニクロ、ZOZOTOWNなどでも置き配が選択できるようになった。DX-Navigatorでも下記の通り取り上げられている。 同社が提供する置き配バッグは、たためば13cm四方。スマートフォン2台分程度の寸法になり、普段はドアノブから南京錠付きワイヤーで吊るしておく。置き配でOKIPPAを指定しておけば、配送員はバッグに荷物を詰めて、専用ロックを施錠し、配送完了報告をすることで配送が終了する。配送状況の確認は専用アプリで確認することが可能である。 OKIPPAは2018年の9月から販売を開始しており、同社公式ショップ(サイト)などで3980円で購入可能。同社によると、現在全国13万世帯で利用されているという。同社は2019年から経産省主催の「置き配検討会」に参加しており、今回の楽天との提携も同会での意見交換を通じて実現している*4。 https://dx-navigator.com/2020/06/11/okippa-cooperate-rakuten-express/ インドネシアでもここ数年ECが伸び続けており、格段に生活が便利になってきている。 実際に、数年前は地方都市で日本食を手に入れるのも一苦労だったが、今ではECで注文すれば数日後には手に入るようになった。インドネシアの最大手ECであるトコペディア(Tokopedia)は、中国のアリババや日本のソフトバンクも出資しているユニコーン企業だ。 盗難などのリスクを考えると、インドネシアでの置き配の普及は簡単にはいかないかもしれない。一方で、日本のヤマト運輸が提供するPUDOのような宅配便ロッカーは国内企業も提供しているようだ。そのひとつが、2015年創業のPopBoxである。 PopBoxが提供するロッカーは下記のような使い方が可能だ。 商品の受け取り 商品の発送 コインロッカー https://www.popbox.asia/# 専用アプリで送付先などを設定し、商品をロッカーに預けることで発送してもらえる。現在は14都市で220箇所以上にロッカーが設置されている。新型コロナウイルスの影響で新しい生活様式「New Normal」がインドネシアでもキーワードになっている。New Normalのなかで物流はどのように変わっていくのだろうか。

Glossary
A D G K
A
アナログ信号は、信号の時変特性が他の時変量の表現である、つまり別の時変信号に類似した任意の連続信号です。

Back To Top